明神館、扉温泉や上高地、東御市アートヴィレッジ、食事などカテゴリの記事一覧

食事

扉温泉明神館の定番料理は、和食懐石です。

地元の安心食材や旬の美味しい食材を使った元気になるお料理が自慢です。

扉温泉明神館では、お米はこだわりのある鴨米を使用しています。

地元の安心食材や旬の美味しい食材を使って心と身体の健康を考えた『マクロビオティックな食事』を提供しています。

扉温泉明神館の食菜のこだわりです。

扉温泉明神館では、経験豊かな職人が「感性」「技」「創作」そしてなによりも職人としてのこだわりで、本物の味を作り出しています。

そして、新しいモダン和食やオーガニックフレンチも味わえるところも魅力です。

扉温泉明神館では環境に配慮したリサイクルを実施しています。

扉温泉明神館では、残った料理は生ごみ処理機で肥料になり、明神館の畑で使用されています。畑で育てた野菜はお料理の食材として、お客様にご提供させていただいております。


アートヴィレッジ

明神(みょうじん)池のほとり、芸術むら公園内に建つ公共の宿が信州八重原温泉アートヴィレッジ明神館です。

佐久から上田を流れる千曲川は川の両側に見事な段丘を作りだしています。

特に南側の台地からは日本百名山のひとつ浅間山の眺めが抜群です。

アートヴィレッジ明神館は、アートヴィレッジ(芸術むら公園)の中に立てられ、浅間山の眺めが自慢の温泉施設です。

アートヴィレッジ明神館の館内はお風呂の他にレストランや売店があり、宿泊も可能です。

アートヴィレッジ明神館は、のどかな田園風景が広がる、抜群のロケーションに立つおしゃれな建物です。

アートヴィレッジ明神館の露天風呂からは、浅間山の雄姿が真正面に望め、夜は星を散りばめたような夜景がとても楽しみです。

アートヴィレッジ明神館の源泉温度56度の湯はサラサラした肌ざわりで、塩分を含んでいるのでとてもよく温まります。

効能は、 神経痛・関節痛・疲労回復となっています。

飲用すれば、消化器病や便秘に効果的です。

ナトリウム・カルシウム塩化物泉の湯は体がよくあたたまる湯冷め知らずの温泉です。

露天風呂は屋根付きですが、柵や目隠しが無いので開放感は抜群です。

露天風呂から眺める浅間連峰はとても壮観です。

さわやかな高原の空気を肌で感じながら純粋無垢の温泉で心も体もリフレッシュ、四季折々の自然が郷愁を誘います。

満天の星空、浅間山麓の夜景も絶景でおすすめです。

食事やおみやげは、地元の素材を使って考案されたオリジナルのものが多く、無添加のおやきや豆腐が人気です。

美味と評判の手打ちそばも、ぜひ味わってみたい一品です。

芸術むら公園には明神館の他に明神池を中心にして梅野記念絵画館や「やきもの道場」、「竹紙工房」、その他に売店やパターゴルフ、マレットゴルフ場などの施設も揃っています。

上高地

街から離れた不思議なリフレッシュ空間。

上高地明神の大自然の中の一軒宿です。

穂高の朝焼け!上高地バス停から遊歩道40分。

大自然の中の1軒宿となっています。

明神岳(穂高の尊称)の朝焼け。

池の朝もや小鳥の声周囲の花畑。大自然だけの明神。

館風の外観に充実した用品。

手ぶらでもOK!何も荷物が無くても泊まれます。

観光旅館や山小屋と異なるユニークな宿です。

森林浴40分、ちょっと不便な明神館、それが今人気なのです。

花と野鳥の里、ここは上高地の中央部です。

特に朝5時頃から8時頃が最も晴れやすく気持ちの良い時間帯です。

明神館の歴史は、上高地のこの地にあった、江戸時代の中心的、杣人小屋、トクゴー小屋から始まっている。

明神館は、公式には昭和8年設立、でも本当の設立年は江戸時代初期ということになります。

上高地を世界に広めた、ウェストン卿の上高地での最初の宿泊の宿でもあります。

登山の時代は、対岸の嘉門次小屋、山のひだや、明神池等ほとんど目立たなかった為、昔トクゴー(徳本、徳吾、徳郷)と呼ばれた明神館の地は明神館から取って、明神と呼ばれていました。

明神館横に、穂高奥宮参道標があり、明神−河童橋、自然遊歩道はここが終点となります。

明神池(宮川の池)の事を明神といい始めているのは、10年ほど前に、梓川右岸に延長約5キロのハイヒールでも来れる、幅1mの観光用歩道が完成しそして池が有名になりすぎた為でしょうか。

ちなみに昔からの左岸道は河童橋より2.7キロ、30分 幅2.5m、小梨平を抜け、林間を明神岳最南峰を見て明神館に突き当たります。

明神館から、明神池は、5分ほどしかない抜群の立地です。

施設が充実してるので、上高地の中でも、単に安いというだけでなく、割安感があります。

お客様の男女比は、上高地では珍しく、年間の宿泊男女比が同じです。

上高地バス停から遊歩道40分のみ、、手ぶらで泊まれるのが魅力上高地のウォーキングに、ハイキング・登山に街から離れ、山の雰囲気を感じたい、あなたの為の宿です。

マッターホルンの様な、穂高本来の、明神岩峰群が待ってます。

特に館内からが良いみたいです。

4月27日よりスニーカーで来れます。

その他、展望大浴場(男女別)も期待できそうです。


扉温泉

扉温泉明神館は、八ヶ岳・美ヶ原高原の南、標高千メートルの谷間に湧くいで湯です。

明神館松本という言い方もここの明神館です。

扉温泉に2軒ある宿のひとつが明神館です。

昭和の中頃には、湯治場として賑わった宿ですが、現在は「和風」をコンセプトとした新しいリゾートに生まれ変わっています。

客室にはさまざまなタイプがあり、ベッドのある部屋も種類が多彩です。

シーツには天然素材を使い、床下には炭を敷き詰めるなど自然にこだわった、体に優しい設計になっています。

もちろん、部屋からは渓谷や山の景色を眺めることができます。

半露天のお風呂がついた客室もあり、いつでもお湯が楽しめてとてもおすすめです。

明神館の定番料理は、和食懐石。

地元の安心食材や旬の美味しい食材を使った元気になるお料理が自慢です。

また新しいモダン和食やオーガニックフレンチも味わえるところも魅力です。

そしてアロマルーム なつらでのアロマテラピーも人気の宿です。

         ■さそわれて 旅■

扉(とびら)という謎のような地名が面白い。
真理の扉、美の扉というような言葉を連想する。
人生の幸福が、扉峠のかなたに深く秘められているかと思うような、人跡に荒らされない山々のふところ、薄川の渓谷に扉温泉はある。松本市の東南四里、1,050m位の高さである。

春は目の覚めるような深緑の中に、赤いつつじが素朴な人間のまごころを思わせている。

夏になると、美ヶ原や鉢伏登山、避暑静養の客で静かな渓谷がしばしにぎわう。
しかし、涼風のここちよき室々には、読書人の来り遊ぶのも少なくはない。

秋は満山の紅葉火のように燃えて、ボナールの絵のようにけんらんとはえている。
読書にあきた炬燵の中で、なにげなく渓流の音に耳をかたむける。
遠くの方で多ぜいの人が、何かささやいているような、また歌っているような錯覚をおこすことがある。
私は酒をたしなまないが、

冬の扉温泉の炬燵の中で、気の合った友達がのみかわす酒の味は、かくべつであろう。扉は、額に汗して働く人々や、その家族のなごやかないこい、たのしいまどいの場所である。
温泉を絃歌のちまたとしか考えない人々には無縁の場所であろう。

(向坂逸郎)

明神館

明神館と一口にいってもいくつもの明神館があるようです。

主な明神館をご紹介しましょう。

長野明神館というと扉温泉明神館をさす場合があるようです。

扉温泉明神館は、八ヶ岳・美ヶ原高原の南、標高千メートルの谷間に湧くいで湯です。

明神館松本という言い方もここの明神館です。

扉温泉に2軒ある宿のひとつが明神館です。

昭和の中頃には、湯治場として賑わった宿ですが、現在は「和風」をコンセプトとした新しいリゾートに生まれ変わっています。

客室にはさまざまなタイプがあり、ベッドのある部屋など多くのバリエーションが自慢です。

シーツには天然素材を使い、床下には炭を敷き詰めるなど自然にこだわった、体に優しい設計になっています。

もちろん、部屋からは渓谷や山の景色を眺めることができます。

半露天のお風呂がついた客室もおすすめで、いつでもお湯が楽しめます。

長野明神館というと上高地 明神館をさす場合もあるようです。

上高地 明神館はまさに上高地観光の最適な拠点のひとつでしょう。

施設が充実してるので、上高地の中でも、単に安いというだけでなく、割安感があります。

上高地バス停から遊歩道40分、手ぶらで泊まれるのも魅力でしょう。

上高地のウォーキングに、ハイキング・登山に最適です。

穂高神社奥宮(明 神池)へは徒歩6分の好立地にあります。

明神館でも長野県東御市にある明神館は、東御市の明神(みょうじん)池のほとりです。

ただしここの明神池は、長野県東御市八重原の明神池です。

芸術むら公園内に建つ公共の宿として営業しています。

アートヴィレッジ明神館が正式な名称。

ナトリウム・カルシウム塩化物泉の湯は体がよくあたたまる湯冷め知らずの温泉で、露天風呂から眺める浅間連峰はとても壮観です。

島根県松江市の明神館は、山陰・美保の関にある料理旅館。

眼前に美保湾と大山が一望でき、地元で水揚げの新鮮魚介類のかに・魚介料理が評判の宿です。



http://www.willtotruth.com/%E9%9D%92%E6%B1%81%E6%8A%B9%E8%8C%B6%E9%A2%A8%E5%91%B3.html